常人生において念頭に大事にすること

現代において悩みは尽きないことが多いですが、開き直りも大事だな。と痛感しています。人間はおかしなもので悩みだすと、どういうわけか自らドツボにはまり、抜けられなくなります。私自身にも言えることなのですが、そのルーティーンに、はまってしまうと抜け出したくても、出口が見えない、それでまたおかしな妄想に陥り、自分を暗くいじめ倒します。そこで原点に戻ってほしいのが、何ために生きているかということです。実際問題言わなくても、十二分に承知のこととは思いますが、人生一回きりです。悩んでる暇がないというとおかしな響きですが、悩んでいる暇が惜しいというと、理に適っていると思います。ある本に、ニーチェの言葉が引用されていました。「ねぜ人間だけが笑うのか。それは、たぶん、人間だけがあまりに深く苦しむので、笑いを発明する必要があったのだ。」これに目を通した際に気づきました。笑うことにより、苦しみが吹っ飛ぶと、いや、吹っ飛ばすためにいやでも笑おうと決めました。最近はスピリチュアルも流行っています。なりたい状態を思い浮かぶ、しかも実現された状態で発するということが重要で、言霊に共通している部分があると思います。なので、人間辛い時こそ弱音を吐くことなく、前向きに志をもつ「絶対積極性」が必要だと思いました。負の気が心に忍び寄るものなら踏んづけてでも追い払う気持ちで制御すれば、ストレスなく前向きに生きられるような気がします。現に私が実践することにより違いを感じています。前までは感情の起伏が激しかったのですが、怒ることがなくなりました。すごく冷静でポジティブです。購入はこちら⇒クレンジング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です